シネマ狂想曲 名古屋映画館革命 この男がいるから、面白いことが起きている!

坪井篤史 @tsuboiatsushi
シネマスコーレ @cinemacapriccio
youtube シネマ狂想曲の予告編

youtube シネマ狂想曲の予告編
坪井篤史 @tsuboiatsushi 劇場版 シネマ狂想曲〜名古屋映画館革命〜 @cinemacapriccio

上映劇場情報

  • ◉2017.11.04(sat)〜11.17(fri)東京 アップリンク(03-6825-5502)
  •  1週目上映スケジュール[11/4(土)-6(月)]→20:20-21:25(スクリーン1/58席)、[11/7(火)-10(金)]→20:40-21:45(スクリーン2/45席)
  • ◉2017.11.18(sat)〜12.01(fri)大阪 シネ・ヌーヴォX(06-6582-1416)
  •  [11/18-11/24]→17:00-18:05 [11/25-12/1]→12:00-13:05
  •  料金/一般1200円 シニア1100円
  • ◉2017.11.18(sat)〜兵庫 神戸元町映画館(078-366-2636)
  • ◉2018公開予定京都 京都みなみ会館(075-661-3993)
  • ◉2017.12.30(sat)〜2018.1.12(fri)愛知 シネマスコーレ(052-452-6036)
  •  名古屋凱旋お正月レイトショー[12/30(土)-1/5(金)]→20:10より、[1/6(土)-1/12(金)]→20:30より
  •  ※劇場窓口にて選べる狂人ミニステッカー付き前売券1000円にて発売中!
  • ◉2018.1.20(sat)〜1.26(fri)東京 アップリンク(03-6825-5502)
  •  [1/20(土)-23(火)]→19:50スタート、[1/24(水)-26(金)]→20:25スタート
  •  東京凱旋レイトショー
  • ◉2018.1.27(sat)〜2.2(fri)京都みなみ会館(075-661-3993)
  •  ※2/1、2→坪井舞台挨拶(予定)
  • ◉2018.2.25(sun)静岡シネギャラリー(054-273-7450)
  •  イベント付き特別上映会

イベント情報

  • ◯(終了)東京 アップリンク 入場料1500円〈前売1300円〉(料金はイベント代込)
  •  連日レイトショー
  • 11/4→白石晃士監督、樋口智彦監督、森裕介(アメカル映画祭代表)、坪井篤史、MC:久保山智夏(女優・『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』AD市川役)
  • 11/5→平松可奈子さん、坪井篤史
  • 11/6→酒井麻衣監督、坪井篤史
  • 11/7→井上淳一監督(『戦争と一人の女』)、大浦奈都子(シネマスコーレスタッフ)シネマスコーレを語る
  • 11/8→井上淳一監督、白石和彌監督、木全哲(若松プロダクション)
  • 11/9→久保山智夏さん(女優・『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』主演)、大迫茂生さん
  • 11/10→西村喜廣監督、坪井篤史
  • 11/11→柳英里紗さん、坪井篤史
  • 11/12→井口昇監督、坪井篤史
  • 11/13→カンパニー松尾監督、坪井篤史
  • 11/14→久保山智夏さん、守屋文雄さん、大橋裕之さん(漫画家)、山本ロザさん(女優)、大浦奈都子(シネマスコーレスタッフ)
  • 11/15→久保山智夏さん(女優)、細川佳央さん(俳優)、清瀬やえこさん(女優)、金子鈴幸さん(演劇ユニット コンプソンズ作演出・俳優)、村上ROCKさん(俳優・怪談師)
  • 11/16→中原翔子さん(女優・映画『愛∞コンタクト』企画プロデュース)、森田真帆さん(映画記者・別府ブルーバード劇場プログラム担当)
  • 11/17→白石晃士監督、坪井篤史、MC:久保山智夏(女優・『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』AD市川役)
  • ◯(終了)大阪 シネ・ヌーヴォX
  • 11/23→坪井篤史トークショー
  • ◯(終了)兵庫 神戸元町映画館
  • 11/26→アメカル映画祭~神戸出張編~
  • ◯(終了)愛知 シネマスコーレ
  •  連日レイトショー <12/30-1/5→20:10より><1/6-1/12→20:30より>
  • 12/30→凱旋上映舞台挨拶
  • 12/31→映画狂人、ゆく年くる年ナイト
  • 1/1→新年のご挨拶
  • 1/3→<シネマ狂想曲大学>①~映画館編
  • 1/4→<シネマ狂想曲大学>②~VHS編
  • 1/5→坪井と大浦の塩対応ナイト
  • 1/7〜9→舞台挨拶ゲスト:久保山智夏さん(女優)
  • 1/7→樋口智彦監督のギャラちゃんナイト
  • 1/8→<シネマ狂想曲大学>③~アメカル編
  • 1/9→<シネマ狂想曲大学>④~非常勤編
  • 1/10→<シネマ狂想曲大学>⑤~映画MANIA編
  • 1/11→<シネマ狂想曲大学>⑥~映画狂人の素敵な仲間たち編
  • 1/12→『劇場版シネマ狂想曲』大後夜祭《舞台挨拶ゲスト:松江哲明監督、樋口智彦監督》
  • ※1/2・6も何かイベント実施予定です。
    ※1/2・6以外は全日坪井、登壇します。
  • 東京 アップリンク
  • 1/20→前田弘二監督、坪井篤史
  • 1/21→<アメカル映画祭>中村祐太郎監督、坪井篤史、森裕介、久保山智夏さん(MC)
  • 1/22→城定秀夫監督、松浦祐也さん、守屋文雄さん、坪井篤史
  • ※城定秀夫監督が名古屋で撮った短編『キシメンちゃん』上映あり。
  • 1/23→<ぼちかこの部屋リターンズ>久保山智夏さん、内藤瑛亮監督
  • 1/24→冨永昌敬監督、中村祐太郎監督
  • 1/25→平波亘監督、加藤行宏監督、頃安祐良監督
  • 1/26→奥野瑛太さん、水澤紳吾さん、坪井篤史、久保山智夏さん(MC)
  • 静岡シネギャラリー 特別上映会
  • 2/25→上映14:30~(10分前開場) ※上映後、トークショー
  • ゲスト/坪井篤史(シネマスコーレ副支配人/アメカル映画祭フィクサー)
  • 森 裕介(某シネコン支配人/アメカル映画祭主宰)
  • 料 金/一般当日1,500(前売1,300円)(税込)
  • 会員当日1,300円(前売1,100円)(税込)
  • ※全席自由、途中入場・払い戻し・トークショーのみの参加不可
  • ※整理券交換あり(当日10:00~受付)
  • 会 場/サールナートホール
  • 静岡市葵区御幸町11-14 TEL:054-250-0283
  • メ~テレ(名古屋テレビ放送)が制作し、2017年2月に放送したテレビドキュメンタリー「シネマ狂騒曲 名古屋映画館革命」の劇場版。名古屋のミニシアター「シネマスコーレ」の副支配人・坪井篤史氏に密着し、名古屋を映画で一番熱い地にしようとミニシアターで様々な上映企画やイベントを行い、プライベートではVHS映画を7000本以上も所持するなど、映画愛にあふれる坪井氏の生き様や、その周辺の人々との交流を描く。ナレーションは俳優の竹中直人。
  • ●監督:樋口智彦●ナレーション:竹中直人●出演:坪井篤史、白石晃士、松江哲明、前田弘二、宇野祥平ほか●2017年 日本●65分●メ~テレ配給
ナレーション担当=竹中直人 2017年/日本/ドキュメンタリー/65分/配給・制作著作:メ〜テレ

映画にかけた男の生きざま

メ〜テレ(名古屋テレビ放送)が制作し、2017年2月に放送したドキュメンタリー番組「シネマ狂想曲〜名古屋映画館革命〜」。
愛知県名古屋市のミニシアター「シネマスコーレ」の副支配人・坪井篤史氏に密着し、
彼の異常なまでの映画への執念とその生き様を追った異色のドキュメンタリーが未公開シーンを加え「劇場版」に。怒涛の1時間!
この男から溢れだす映画愛を直視せよ……!

坪井が「VHS墓場」と呼ぶ、ビデオソフトの保管室。入った泥棒もやる気を無くすほど、ビデオで埋め尽くされている。/坪井と松江哲明監督。シネマスコーレでは、松江監督の「フラッシュバックメモリーズ 3D」上映のため3D機材を導入した。

「坪井さん……ちょっと頭のオカシイ映画好き」 白石晃士(映画監督)

◉映画を愛するゆえに、シネコンではなく映画のことだけに集中できるミニシアターで働く坪井氏。彼は“名古屋を映画で一番熱い地にしたい”と考え、
“名古屋映画館革命”という野望を企てている。

◉彼は革命を成し遂げるため、映画の上映は一切せずに彼のトークだけで進行する「アメカル」と銘打つ映画祭を15年間続けてきた。また、今では生産されていないVHS映画を買い集め、
アパートの一室におよそ7000本以上を溜め込んでおり、その部屋の眺めは圧巻!

◉そんな坪井氏が働くシネマスコーレは、映画とそれに携わる人々を温かく支え、多くの映画監督達から愛され、
「シネマスコーレで何か面白いことをやりたい」といった監督達からオファーが引きもきらない。

◉昨年末、映画監督・白石晃士氏が坪井氏と組み、前代未聞の上映会を行った。その名も「超次元絶叫システム」……その驚くべき上映会の内容とは!?

◉衝撃的な人間の生き様と、それを取り巻く人々との交流……従来のドキュメンタリーの枠を超えた編集と、竹中直人氏の迫力満点のナレーションでお届けする。

坪井が「VHS墓場」と呼ぶ、ビデオソフトの保管室。入った泥棒もやる気を無くすほど、ビデオで埋め尽くされている。/坪井と松江哲明監督。シネマスコーレでは、松江監督の「フラッシュバックメモリーズ 3D」上映のため3D機材を導入した。